magenda’s blog

2020年、司法試験に合格します。

勉強の記録:短答

外、22分、民法4問H21

 

債務者は、債務の弁済をしていたとしても、その債権の譲渡に異議をとどめない承諾をした場合、譲受人に対しては債務の履行を拒むことはできないが、譲渡人に対しては弁済金の返還を請求することができる。